必要とされている仕事|介護の資格を取る方法

男性女性

専門学校で知識をつける

柔道整復師とは専門の知識等を用いて、骨折や脱臼等の怪我を治療する人の事を言います。しかし、この仕事に就くためには国家資格を取得する必要があるため、専門学校等に通って知識や技術を身に付けるのが基本となります。

仕事の幅を広げるため

介護

合格率は99%

介護施設での仕事には、介護系資格がなくても良いものと、必要なものとがあります。前者は、施設利用者の送迎、施設内での清掃や洗濯、消耗品の買い出しなどです。これらは、要介護者の体に直接触れることがないため、無資格者でも遂行可能となっているのです。しかし逆に言えば、要介護者と直接関わることになる介助の仕事については、資格が必要ということです。そしてこの資格には複数のものがあるのですが、それぞれ難易度が異なっています。最もスムーズに取得できるのは、初任者研修と呼ばれている資格です。これは、指定された研修を専門のスクールなどで130時間受け、その後筆記試験に合格すれば取得できます。合格率が約99%と高いので、難易度の低さから人気があります。

国家試験の受験も可能に

初任者研修の資格を取得すると、介護施設または要介護者の自宅で、介助の仕事をできるようになります。また、追加で320時間分の研修を受けると、実務者研修という上位の資格の取得が可能となります。これを取得すると、現場での介助の仕事に加え、介助スタッフの統率も任されるようになるのです。つまり、仕事の幅が広がるということです。実務者研修の資格に加え、3年以上の実務経験もある場合には、介護福祉士になるための国家試験を受けることができます。これに合格すると、介護施設での就職が一層有利になる上、資格手当がつくことで収入がアップする可能性が高くなります。そのため介護福祉士になることを最終目標として、まずは初任者研修を取得するという人は増えています。

女性

難易度の高い仕事

医療系の資格を取得する場合は、特定の教育機関で学習する必要があります。現場ですぐに実践できるようにするのが目的であり、資格取得のために医療系の学校に進む人が増えています。また再就職にも強く、家事育児との両立もしやすい環境があります。

男の人

看護学生に心強い制度

病院奨学金は、主に看護学生を対象として在学中の授業料や生活費を支援する奨学金制度です。支給するのは一般の病院または病院グループで、卒業後にその病院に一定期間勤務すれば返済が免除されるという特徴を持っています。